年会費無料のクレジットカードのメリットとデメリットについて

クレジットカードを選ぶ時の基準の一つに、年会費無料のカードにするか、年会費のかかるカードにするかがあります。年会費がいるカードであれ、いらないカードであれ、買い物をする時にクレジットカードを利用して決済をすることによって、現金を使わずに買い物ができるという部分が揺らぐことはありません。

分割払いや、リボルビング払いのように、支払い方法を選択できることも、どのクレジットカードでもできます。これらの基本的な機能とは別に、クレジットカードには様々な付帯サービスがあります。このサービスの内容によって、年会費がかかるカードと、かからないカードが分けられます。

クレジットカードについている付帯サービスとは、カードの利用金額に応じてポイントがついたり、海外旅行傷害保険が付帯していたり、空港のラウンジを無料で使えたり、お店で割引ができたりというものです。年会費の必要なクレジットカードほど特典内容にいいものがついていて、カードの利便性が増しています。

クレジットカードの年会費不要タイプは、特典サービスがないわけではありませんが、ある程度のサービスに留まっています。海外旅行保険や、割引特典がついているクレジットカードで、年会費が発生しないものも、案外多いようです。クレジットカードを選ぶ時には、それぞれのカードの利点と弱点を踏まえた上で、自分に合うクレジットカードはどちらかを判断するということです。

特典内容が充実しているクレジットカードを持っていても、割引サービスを利用する機会がなかったり、ためたポイントを使うことができなければ、結果的に損になってしまいます。年会費無料のクレジットカードのいいところは、クレジットカード会社にお金を支払わずとも、カード特典を利用できることにあります。

日頃、何に対してお金を使うことが多いのかを踏まえた上でクレジットカードを選ぶことで、特典を利用するチャンスを得られます。

無印良品週間はエポスカードを使うとお得に

コメントを残す